援デリ業者は詳しすぎる

援デリ業者には、なるべく捕まりたくないという方は、普通に出会い系サイトを使っているのであれば、当然に思うことでしょう。援デリ業者のみならず、援助交際などを求めている女の子や、出会い系サイトで積極的な女性の多くは、掲示板に書き込みをして、男性からのアプローチを待つというケースが多いです。

だからこそ、業者を見分けるポイントとして、あまりにこの手のお金が発生する割り切り関係に詳しいというのが、業者判断のポイントになるのです。

■専門用語も当たり前に出てくる

援デリ業者は、なるべくメールでのコミュニケーションを取りたがりません。それはそれぞれの業者の打ち子というメール担当だけをしている男が相手をするからなのです。

彼らの仕事は、ねるべく多くの客をネット上で引っ掛けることにあるからです。今日これから会いたいんだけどなどと試しに送ってみましょう。

すると、「ゴ有ホ別苺」などという暗号のようなメールが返ってくることでしょう。意味はというの、コンドームつきの本番サービスで、ホテル代別。料金は1万5000円という意味になります。

これって、かなり慣れていないと理解出来ない専門用語のものといえるでしょう。確かに援助交際をしている女の子で若い女の子であれば、このくらい当然に把握しているのではと思いがちですが、そうでもないのです。

■規制法により具体的なものは禁止

こういった専門用語が飛び出してくるのは、出会い系サイト規制法の影響です。援デリとは?出会い系サイトは、男女の出会い目的の利用の禁止や、金銭の具体的な授受が発生することが分かる、つまり売春行為の禁止が謳われていますから、前述にある読解文のようなメールを送ってもブロックされたり、強制退会させられたりしてしまうのです。

さも当たり前にメール内容でこれらの規制をくぐり抜ける方法を把握している事自体が怪しいと判断すべきなのです。こなれすぎている女性は、本当は素人でも危険だと判断するべきではないでしょうか。

援デリ女性達の裏の事情に要注意

出会い系サイトでは、初心者の男性が知らずに引っかかってしまうような悪質な援デリの手口がそこかしこで待ち構えています。騙されないために、まず出会い系サイトで注意しておきたい援デリの手口を紹介します。

■容姿やサービスが優れないことが多い

出会い系サイトでも、素人の女性を探せばそこそこ可愛い人がいないとも限りませんが、良くも悪くもカラダを売っている女性のレベルは幅が広いです。特に業者から紹介される女の子は、出会い系サイトでのイメージや話と全く違う失敗もあります。普通の男性では敬遠してしまうような、ギャル系の派手なタイプの女の子もいたり、男に慣れていて初々しさが楽しめないスレた女性が多くを占めています。それでもカラダが買えればいいというのであれば、あまりレベルの高い内容を求めない割り切りも必要です。

■風俗から流れてきた女性もいる

素人だと偽って、実際には風俗産業からあぶれて食いつなぐ仕事先を探しているデリヘル嬢だったというケースもあります。風俗で働いていたのならそれなりに容姿やサービスも期待できそうなものですが、裏デリに流れてくるくらいなのであまり人気が無いタイプの方が珍しくありません。その場限りのサービスと割り切っているので、競争の厳しい風俗におけるほど、接客態度も期待しないほうが良いかもしれません。

■不法滞在の外国人に注意

援デリの世界には、風俗で働きたくても働けない事情、悩みのある、たとえば不法滞在中だったり留学中の外国人の女性もときどき見かけます。日本に滞在している外国人の大半を占めている、アジア系の女性は日本語がうまいと日本人と見分けがつきにくいですから、要注意ですね。うっかり深い関係を持つと、不法滞在を支援したとして違法な行為とみなされ、大変なトラブルに巻き込まれる危険性もあります。相手の女の子の身元にはっきりしたところが確認できなければ、たとえひと時だけの関係でも、絶対に避けましょう。